PR会社を比較して見極めるPRを検討する為のサイトになります。

PRのメリットデメリット

  • HOME »
  • PRのメリットデメリット

PRのメリット

メリット①:訴求人数が多い
新聞・雑誌であればその発行部数に近い何十、何百万人の読者が、貴社の情報に触れ、理解してくれます。
また、テレビ番組であれば100万人、1000万人の視聴者が、紹介された情報を理解してくれるのです。
しかも、広告とは違いますから、読者・視聴者が紹介されている情報に、興味を持って接してくれます。
メリット②:訴求効果
例えば、あなたの日常生活を思い出してください。
あなたが思わず「食べてみたい!」と感じてしまうのは、下記のどちらですか?
あなたが思わず「食べてみたい!」と感じてしまうのは、下記のどちらですか?
①ラーメンのCMが流れていた
②情報番組のコーナーで、リポーターがおいしそうにラーメンを食べていた
公共性の高いマスコミが数ある情報の中から取り上げて紹介する情報は、読者・視聴者にとってその時点で「プレミアム」がつくのです。このように情報に触れた消費者、ターゲットのマインドを揺さぶり、ニーズを創出する効果をもたらすのがメディアPRの最大の特徴です。
メリット③:費用対効果
例えばテレビCMの出稿であれば数千万?億単位の金額が必要になりますが、上手くいけば無料で紹介してもらうことが出来るのです。PR活動を展開するためのランニングコストは常に発生しますが、それでも広告に比べると「費用」は圧倒的に抑えることが可能です。

 

PRのデメリット

PRについて調べると、メディアPRのメリットに触れ、射幸心が煽られる機会が多いと思います。
しかし、そのデメリットも知っておかなければなりません。
デメリット①:難易度が高い
新聞・雑誌はプレスリリースを送り続ければ、あるいは取り上げてくれる可能性もあります。
しかし、最も反響効果の高いテレビPRはいろいろな条件が揃わなければ取り上げてくれる機会は来ないのです。
これは、テレビというメディアが他のメディアに比べ特殊な媒体だからです。
反響効果の高いメディアに紹介してもらうには、メディアに精通した、
専門的な知識に裏付けされた戦略がどうしても必要になってきます。
デメリット②:メディアとの相性
世の中に出回っているPRの本なんかでは「PRは無料」などのタイトルが目立ちますが
PR会社と契約するにしろ、お客様自身で実施するにしろ、活動そのものには何らかの費用は必ず発生します。
お伝えしている通り、パブリシティの編集権はメディア側にありますので
先ずはPRと言う手法が、お客様自身に合っているのか相性を見極める必要があります。
デメリット③:反響予測が立てづらい
仮にテレビ番組で貴社の製品が取り上げられたとします。
問い合わせの電話が爆発的に上がり、注文が殺到して在庫不足に陥るかもしれません。
しかし、PRの反響効果はせいぜい3日~1週間程度です。
一時的に上がったニーズに振り回されることのない、メディア露出を上手に活用した
事業計画が必要になってきます。

PR会社比較一覧

PAGETOP